イラストを描いているけれど、どのようにイラストの依頼を受けたらいいのか悩んでる人も多いのではないでしょうか。

 

主な方法としては

・サイトやアプリに登録をして売る。

・クラウドソーシングサイトで依頼を探して売る。

・PixivやTwitterで絵を紹介し、商品化する。

・ブログやHPなどで絵を紹介し、依頼が入るのを待つ。

・知り合いや友人にダイレクトマーケティング

があります。

 

 

 

・サイトやアプリに登録をして売る。

 

サンプルイラストを提示し自分で価格設定をして、クライアントからの依頼を待ちます。依頼が成立したらイラストを製作し、納品します。

一番手早く、依頼を受けることが出来る可能性が高いかと思います。

個人間の取引が多いため、平均の価格設定は比較的低めという印象です。また、サービスが利用しやすい分、手数料が少々高めの設定です。

(場合によってはイラストではなく現品のみの取り扱いもあるかもしれません。アナログの場合はイラストを郵送できますが、デジ絵の場合は現品郵送等がないので、特に規約を確認することをお勧めします。)

 

 

ココナラ

「自分の得意を売る」というコンセプトです。イラスト出品されてる方も多いので、気軽に始めることが出来ます。

 

minne

ハンドメイドマーケットです。自分で作ったものを売るというサービスなので、イラストの販売にも向いています。

 

Creema

ハンドメイド販売・通販サイトです。こちらもminne同様に、自分で作ったものを売るというサービスです。

 

メルカリ

「スマホでフリマ」という謳い文句の通り、フリーマーケットサービスなので、ハンドメイド品だけではなく、中古品の販売がメインという印象です。

イラストを販売することもできますし、注文が入っているのを見たこともありますので、ハンドメイドが不可というわけではなさそうです。

 

個人的なおすすめはココナラです。一番サービスのコンセプトと、目的であるイラスト販売がマッチしています。

 

 

 

・クラウドソーシングサイトで依頼を探して売る。

 

クライアントの提案しているイラストの条件、値段設定に対して、それに沿った絵を描いて提出し、採用されたら提示されていた金額分の報酬があるという仕組みです。

上記のサイトやアプリに登録する方法とは違い、お金を貰えるかどうかわからない状態でイラストを製作するので、時間や労力が無駄になる可能性があります。

しかし、クライアントが企業であったり会社である場合が多いので、比較的高価格で依頼が出ています。

また、自分の実績や得意分野を登録をすると、企業から直接スカウトがあります。

 

ランサーズ

日本初のクラウドソーシングサイト。規模も大きく、実績があるため安心して利用できます。

 

クラウドワークス

メディアなどで取り上げられたこともある、勢いのあるクラウドソーシングサイトです。

 

Bizseek

実名制のサービスのため、信用が高いようです。また、手数料も安め。上記で高いと感じた方は試してみるのもいいかもしれません。

 

どのサイトも企業とのマッチングが可能ですし、採用基準などは企業によりけりなのでどれがおすすめとは言い難い状況です。

実際に使ってみて、使い心地が良いものを選ぶのが吉かと思います。

 

 

・PixivやTwitter絵を紹介し、商品化する。

 

こちらは今から始めるとなると、時間がかかります。しかし、SNSを使用されている方はご存知かと思いますが、人気が出ると書籍化まで実現する場合もあるのです。

メリットとしては「自分の好きなものを描いて、それが売れる」というところです。

今まで紹介してきたものは、「クライアントの依頼に合ったものを製作し、それを売る」というものでした。

そもそもの目的が少々違いますね。自分の好きなものを描いて売りたい!という方は、とりあえず人気になるという他になさそうです。

 

 

・ブログやHPなどで絵を紹介し、依頼が入るのを待つ。

 

こちらは私がとっている方法です。とはいってもまだ始めたばかりですが…。

理由としては「価格設定が決まっていて、ブログをやってみたかった」という非常にシンプルなものです(笑)

元々の大きなサービスの中で売るというわけではありませんので、時間がかかります。

ほとんどやってみたいという好奇心の為、あまりオススメはしませんが、後々イラストレーターとして活動しようと考えている方には良いです。

自分のサイトがあるというのは強みになります。特に独自ドメインの場合は、依頼が来る確率が上がるそうです。

AmebaやFC2などで気軽に始めることもできますので、やってみようか悩んでいる方は初めてみるのもいいかもしれません。

ですが、サイトサービスが終了してしまうと、ブログも消えてしまうので、長く続けたり本気で始める場合は、最初から独自ドメインをとってしまうのがオススメです。

(かくいう私はTrick or Mindのサーバーとドメインを間借りしていますが…)

また、自分でイラストを見返すときに、サイトにまとまっていて楽なのもいいですね。

 

 

 

・知り合いや友人にダイレクトマーケティング

 

もし知り合いにイラストを売れそうな場合は、積極的に声をかけてみると良いです。

意外とイラストというものは「自分で描けないし…」と思っている人が多いのです。

もちろん私はそんなことはないと思っていますが、クオリティや速度など様々な差はどうしても出てしまうものです。(練習を重ねたらそんな問題はクリアできると考えていますが。)

そのため、イラストを製作してほしいと思っている人は意外といるのです。

今まで周りに絵を描いていることを伝えていなかった人は、伝えてみると良いです。

 

しかし、知り合いや友人となると、親しいが故のトラブルも多いようです。特に仕事にする場合、金銭のやり取りもあります。なぁなぁにするとあとでもめることが多いので、きっちりと話をすすめてくださいね。

 

 

と、長くなってしまいましたが、以上の方法が主になっています。

目的や環境に合わせた方法を選んで、素敵なイラストを沢山製作してくださいね。