今のご時世、デジタル絵の需要は高く、できれば身につけておきたい技術ですよね。

でもペンタブは高いし…スキャンするのはお金がかかるし…という方へおすすめの方法を紹介します。

 

 

今回は例としてとある人が描いた絵(落書き的な感覚で描いていたような気がします)を紹介します。

 

まず、紙に絵を描きます。どんな風に描いても構いませんが、背景は単色のものを使ってください。白である必要はあまりありませんが、薄い色で。

また、できるだけ線は濃く描いてください。場合によっては薄すぎるとダメだったりもします。色は何色でも問題ありません。

今回はシャープペンシルで絵が描かれています。

 

そして描いたものをこのようにスマートフォンでパシャリ。

(この写真はiPone7で撮影しています。)

 

その後、何らかの方法でPCに転送。

私はLINEで自分一人のグループを作り、それをメモ機能として使っています。

スマホ、PC、どちらからもすぐに見ることが出来るので便利です。

 

こうして送られた画像をPCに保存し、ここからはペイントソフトで加工をします。

私はCLIPSTUDIOを使っています。

 

まず好きな大きさに切り抜き、形を決めます。

 

 

その後、切り抜きたい線を範囲選択し、切り抜く。

 

切り抜いたものは鉛筆の為色が薄く、光の加減によって色が一定ではないため、線を画をロックし上から黒で塗りつぶす。

 

 

するとこのように線画にすることが出来ます。

 

 

何が簡単かといいますと、スキャンが要らないという点です。

 

今までアナログのものをデジタルにするには、スキャンを使うのが一般的でした。

私もスキャンを使っていました。

 

ですが、技術が進み、スマートフォンのカメラを使うことでデジタルにできるというわけです。

着色までしているものはできるかは分かりませんが、線画程度でしたらカメラで十分でした。

 

コンビニに行くにしてもスキャンにお金がかかり、ファイルの受け取りなども面倒だったのでどうにか楽にできないかと考えた結果です。

 

 

 

また、私は試したことはありませんが、マウスで色を塗るという人も少なくないようです。

中村明日美子さんという漫画家さんも、デジタルで色を塗るときはマウスだと聞いたことがありますし、プロの中にもマウスで着色をする方はいる様です。

 

何で描くのかが重要ではありません。

売り込む際には使えるかもしれませんが、一般に公開した場合にどんな技術でどんな道具でどう描いたかなんて言いませんよね。

素敵なイラストができ、人に迷惑をかけないのであれば、どのような方法でも良いと思っています。

 

 

線画を簡単にPCに入れる方法、ぜひ試してみてください。