今回解説に使用しているイラストは、Trick or MindのHP内のSTAFFページで使用されています。ダッサんの立ち絵です。

今回はざっくりと「コロンビアみたいなガッツポーズ」と決まっていたので特に構図に迷うことはありませんでした。

 

 

まずざっくりとしたラフを描きます。

今回は厚塗りなので、線を綺麗にはせず、このまま塗り進めていきます。

 

次はざっくりと色分けをします。

最初はイメージよりも暗めのものを置くと良いかもしれません。

私の好みの問題でもありますが、彩度と明度のどちらも下げた方が最終的な仕上がりが落ち着きます。

厚塗りは基本的にはだんだんと明るい色を載せて光を入れていくようなイメージで描き進めます。細かい書き込みの際に影も足していきますが…。

 

以前私は厚塗りも明るい色で色分けしてから影を足していましたが、影のバランスがとりにくいです。

 

 

描き込んでいく順番は人により様々です。

絵描きの友人は「特にどこからとは決めないで、全体的にまんべんなく塗り進める」と言っていました。

 

私の場合は「内側にあるものから塗り進める。」

どういうことかと言うと、色を重ねていくので、外側から内側に向かって塗ると無駄に時間がかかってしまうし、違和感がある。影を書き入れにくいというのもあります。

なので、「内臓から先に」という感覚で塗っています。

例えば顔であれば目→肌→口

服を着ている体であれば、体→服→上着

と言った順です。

とは言っても、顔の場合はバランスを掴みにくいので、ざっくりと肌を塗ってから目に取り掛かり、目が出来たら肌という順番にしています。

 

また、ある程度影を作ってから明るくしていく順番が描き易くて好きなので、ハイライトは最後に入れています。

特に瞳のハイライトはダルマの目入れのような感覚なので、大体フィルターでの仕上げの前などに入れています。

今回はサングラスだったので、あまり関係ありませんでしたが…。

 

肌は少し不健康そうな妖しい感じが好みなので、緑や青といった色をところどころに入れています。これは好みで入れているので、明確にどこに入れるという説明はできないのですが。

 

そうして出来上がったものがこちら。

 

 

もう少し途中経過を取っておけばよかった…。

 

やはり厚塗りは結構な時間がかかってしまうので、これからは時間を短くすることが課題となって来そうです。