お久しぶりです。

最近ブログ全然書いてないでしょ!勿体ない!と言われてしまったので、ようやく重い腰を動かし文をしたためています。

 

 

さて、今回はトレス絵のお話です。

何回か見かけたこともある話題なのですが、これは場合によって練習法として使えてなおかつ上手くなると思います。

そもそもトレスとは「お手本の絵をトレースをする」と言う意味を簡略化した呼称なので、お手本の絵の上に紙を重ねて描くことです。デジタルであればお手本の絵の上にレイヤーを重ねて同じものを描くことです。

悪い事ではありません。

トレスしたイラストをあたかも自分が考えて描いたような所謂自作発言はダメですが、「〇〇のトレスです」とトレス絵だという事を公言してアップロードする人はまれに見かけます。

 

トレスはなぞるだけなので、全く練習にならないという人が居ます。

しかし私はイラストの効果的な練習になると考えています。

 

イラストの練習としてトレスをするには、いくつか気を付ける部分があるだけです。

 

まず、線の強弱までトレスすること。

ただ上からなぞるだけでは全く意味が無いのですが、作者の描いたイラストの線の強弱まで意識して描くと強弱の付け方や線の描き方などを学べます。

例えば輪郭一つにしてもそうなのですが、影にあたる部分が太く、明るく光が当たるところは細くなっていたりします。

また、イラスト全体で見た時に強調したい部分は太く、あまり目立たせたくない部分は細くなっている場合もあります。

それを意識して、太さまでしっかりとトレスすることで線の強弱を学べるということです。

特に漫画などは白黒な上に簡素化されているので分かりやすいと思います。気になる方はお好きな作家さんの漫画の線を見てみてください。

 

カラーの場合は線の色も真似するのも効果的かもしれません。

これは人によりますが、カラーのイラストの線を周りの色に合わせて変える場合があります。

本来であればすべての線画を黒で書いてから部分部分で色を変えるのが一般的なので、もし色も真似しようと思うのであればそのような手順でやるといいかもしれません。

 

色を塗る場合は影やハイライトの付け方も真似するのも大切です。

色の塗り方も個性が出ます。アニメであれば簡素でいてすっきりしていることがほとんどで、一枚絵であればイラストレーターにもよりますがぼかしたりのばしたりと多くの技法が使われている場合が多いです。

そのため、普段自分がやらない塗り方をすることで新しい技法や色使いを学ぶことが出来ます。

 

 

以上のことを意識して描けば、トレス絵も十分に技術を磨ける練習法と言えます。

自分のものにするには時間がかかるかもしれませんが、一枚一枚確実にこなしていくことで力になると思います。